CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< わーーーっ♪ | main |
ミウ 虹の橋へ 家族へ会いに行く
ミウ 虹の橋へ

1月6日午前1時40分 ミウミウは虹の橋へと旅立ちました。
14歳と5ヶ月 心臓が悪いのに無事 日本に一緒に来てくれて、腎臓とも一緒に頑張ってくれて
たくさんの笑いとたくさんの癒し、たくさんのモフモフ、微笑み 優しさと愛をくれて ありがとう。

まだ チャチャが生き残っているけど、ミウは私の虎次郎一家の最後の一人。
一匹ではなくて 敢えて一人なのです。
スーパー賢くてスーパー強いパパ猫 虎次郎と、パフパフのシュークリームの中のカスタードクリームのようなミミママとの突然の恋愛の末に生まれた子。
97年の夏、8月12日の午後、歌のレッスンに行こうとした私にミミが
「ちょっとぉーー大変 大変」
と騒ぎ立てて、あんまり足下にまとわりつくから しょうがないからレッスンをキャンセルして家にいたら
すぐに子供を生み始めた、産箱が用意してあるのに、よりもよってなぜ私の膝の上で子供を産む?
はじめての事でと言っても誰でも初産は初めてなのだろうが、ミミはその当時 まだ8ヶ月 自分が子供なのに虎に迫られて妊娠してしまい、子供を産むという心の準備もなくて、一番はじめに出て来たグレーの縞柄の子 グレちゃんをおしりから半分出しながら パニックを起こして走りはじめたので、初の産婆の私までパニックになったよ。
どうやら へその緒が絡み付いて逆子だったらしく、グレちゃんはもう呼吸をしてなかった。私はあせって グレちゃんを逆さにしたり人工呼吸をしてはみたものの、息を始めることはなかった。ミウが傍らで もう次の踏ん張りを見せはじめ、そうして出て来たのが長毛の三毛猫のミウちゃんだった。
 そして、長毛 茶色の縞のチャチャ、黒と茶のまだらのべべ、べべは最初 黒くてぬるりと出て来たから「ぬらりひょん」とか「だまちゃん」なんて 呼ばれていたっけ。

虎次郎一家のことを書き始めたら もうエンドレスなので、今日はミウちゃんに贈る言葉。

ぬいぐるみのようなかわいい容姿で、一回も邪魔になることをせず、いつも控えめで誰も嫌わず、そんな天使みたいな外見と性格のミウちゃんと17年間半も暮らせて 私はラッキーでした。

あちらでは きっと お父さんの虎次郎、ミウをとっても可愛がっていたミミ、そして まず ミウの世話をいつも焼いていたべべ姉ちゃんが飛び出して迎えに来てくれるでしょう。
ミウちゃんにオーガニックの鰹節、虎とミウにまたたびの棒、ミミとべべにミルクを持っていってね。
おみやげ付きだと、みんなも喜んでくれるでしょ?

ミウちゃん 皆に伝えてね
虎次郎一家はディズニーのアリスとキャットから出て来たみたいな、美形で性格も良くて頭もよくて、そして穏やかな、どこの猫家族よりも素敵なこれ以上あり得ないくらい 最高の猫家族でした。
あなたたちが 私にもたらしてくれた幸福は本当に計り知れなくて、それだけではなく 教わることもたくさん、たくさんありました。

また 生まれ変わるとしたら、また 虎次郎一家と同じ時を過ごしたいです。
あの ニューヨークの日々は私にとって最高に幸せな猫時間でした。

愛してるよ!!

虹の橋で待っててね!!
JUGEMテーマ:ペット


| べべ・ミウ | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tola.kogenta.ciao.jp/trackback/1153218
トラックバック