CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< べべ | main | べべの初月命日 >>
あっぱれ べべ嬢
このブログを一人ごとのように書いていて良かったな、と今回はつくづく思った。

というのは 2009年の9月に書いたこの記事

「べべちゃーーーん
次の闘病には ママはまだ心もお金も準備できていません!
あぅーーーーー

猫神さま 猫神さま
最低2年くらいは 闘病のない平穏な暮らしをおさずけくださいまし
欲を言えば あと 4年くらい、、、、
お願いします」 2009年9月の日記より


なんと 猫神さまは2年と10カ月 3年近い日々をくれました。
ありがとう・・・・

考えれば べべの体重減少はどんどん 謎のまま進み、原因が分からず
日本に連れて帰ってくる時は 
「あなたの腕の中で死ぬんだったら 飛行機の中でもべべちゃんも本望じゃない?」と母。
その覚悟もあった。

日本に来てからの まるまる10カ月の日々はべべにとって
猫神さまからの ボーナスステージだったのかもしれない。

人間の下僕が 5人 24時間管理体制
猫の下僕が 5匹 皆様 べべ様最優先、道も餌も譲りまするぅ
痩せてるから べべちゃんだけ 美味しいごちそうあり
お刺身各種、高級生肉、名古屋こーちん
いつも 皆の真ん中 おしゃべりべべちゃん、アイドルべべちゃん

良かったね べべ
いつも NYでいつもいい子にしてたから
空気読む頭のいい子で遠慮するところは遠慮して、皆の嫌われものだったチッチも結局はべべが面倒みてやって。

でも 日本に来てからは猫が変わったよう
「私は 私の生きたいように生きるの!!ママも食べ物も独占よ!!」
ミウは 「ひぇーー べべちゃん 猫変わったねぇ」
と びっくら目玉で見てたっけ

本当に10カ月は いい子のべべちゃんに猫神さまがくれた魔法の時間。
私も家族もめいっぱい楽しんだ

そして あらっ?? っと逝ってしまった。

最後に苦しませるんのだけは・・・・
という想いが虎に通じているのかな?
ミミもべべも 本当に綺麗に苦しまずに・・・

最後は 多分2キロ切ってて もう1.9キロくらいしかなかったと思う

虎次郎が
「べべ、もう いいよ。
精一杯 せいいっぱい 生きたじゃないか。 もう いいよ
ボクと一緒に虹の橋に行こうね」

本当に全ての「生」を使いきって 最後の1グラムまで使い切って 逝ったべべ

あっぱれ べべちゃん!!

大好きだよ!!!!

べべのあっぱれさに ハイ ファイブ!!



| べべ・ミウ | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tola.kogenta.ciao.jp/trackback/1153214
トラックバック